自動車の免許の取り方|お得は方法は

車の免許の取り方

自動車の免許は18歳以上であること、また視力は0.7以上(眼鏡、コンタクトレンズを含む)であることなどの条件を満たせば、誰でも取得することができます。
自動車免許の取り方は、各都道府県にある運転免許センターで行われている学科と実技の試験を受けて、それに合格すれば取得することができます。
しかし、直接試験を受ける人は稀で、多くの人は自動車学校に通い、学科と実技の教習を受けます。
自動車学校を無事卒業すると、実技の試験は免除され、学科の試験だけを受ければ良くなります。

自動車学校の通い方には、一般の通学と合宿免許と2通りの方法があります。
通学の場合は、自分の好きな時間に予約を入れて、学科と実技の教習を受けます。
一日に受けることができる実技の時間数が限られているために、卒業までに1カ月半~2か月程度かかります。
費用は25万円~30万円程度になります。
自動車学校によっては、短期間で卒業することができる特別コースを設けている場合もありますが、費用は1割程度高くなります。
それに対して合宿免許と呼ばれるものは、文字通り合宿しながら集中的に学科と実技を学びます。
スケジュールは予め決められており、2週間程度で卒業が可能です。
ただし、決められたスケジュールを休むことができません。
費用は20万円~25万円程度です。

自動車の免許を合宿で取るメリット

自動車の免許の取り方には、通常の通学で取得する方法と、合宿をして取得する方法の主に2通りがあります。
合宿で取得するメリットは、まず費用を安く抑えることができることです。
合宿を行っている自動車学校では、通学で通うよりも安い費用で卒業することができるようにしています。
そのため安く自動車の免許を取得したい人に大変人気があるわけです。

二つ目に、短期間で卒業することができるというメリットがあります。
通学の場合、1日に2時間程度しか実技のクラスを受講することができませんので、毎日通ったとしても卒業までに1か月以上かかります。
実際には、教官の数が限られているので、他の教習生と重なってしまうことから、毎日予約を入れることは不可能です。
それに対して、合宿の場合は、はじめからスケジュールが自動車学校によって組まれており、14日間程度で卒業することができるようになっています。
そのため、1日でも早く卒業したい方にはおすすめです。

三つ目に旅行気分で楽しく参加できるというメリットがあります。
休みの日には観光やショッピングを楽しんだり、自動車学校によっては、温泉やエステなどを無料で利用できるなどの特典を設けて他の自動車学校との差別化を図っているところも少なくありません。

自動車の免許を合宿で取るデメリット

自動車の免許の取り方として若い学生を中心に人気が高いのが合宿免許です。
もともと近くに自動車学校がない人のために始まったものですが、現在ではそれだけでなく、少しでも安く、また早く自動車の免許を取得したいという人に人気となっています。
しかし、デメリットもあります。

最も大きいデメリットは、スケジュールが制約されていることです。
約2週間にわたって合宿を行うことになりますが、その期間に都合が悪くなっても勝手に休むことができません。
そのため合宿の全期間にわたって都合を付けることができる人しか参加することができず、会社員や学生でも学校がある期間などは参加することができません。
ただ、卒業シーズンに限って、卒業式のために休むことができるプランを用意している自動車学校もあります。
その際の学校までの交通費も援助してくれる場合もあります。

また、合宿というイメージが部活動などの厳しい合宿を連想させてしまい、二の足を踏ませている場合があるようです。
参加者の6割以上が男性というのも、このイメージに引きずられている部分が大きいかもしれません。
この対策として、女性専用の合宿免許のプランを用意している自動車学校もあります。

おすすめ合宿免許はこちら

自動車の免許を安く取る方法

今は多くの人が車の免許を取得して、乗りこなすことができるようになっています。
毎日の生活に欠かせない存在になっている自家用車というのは、通勤や通学などに使われるだけでなく、ショッピングやレジャーなど、いろいろな場面で利用されるものでもあるのです。

その自動車の免許を取るためには、自動車学校に行くのが近道になります。
しかしながら、通学免許のプランではかなり高額の費用がかかってしまうものです。
通常30万円以上もかかってしまうことも多く、経済的な負担もかかります。
そこでおすすめの方法として、合宿免許プランというものがあります。
合宿免許では短期間で取得を目指すことができる上に費用もとてもリーズナブルになります。
時期によっても異なるのですが、通学の半分程度になることもあって、安く免許取得できるようになるのです。

また、今は多くはないのですが、個人の教習所や公認でないところも安く受講できるので、そういったところを探してみるのもいいでしょう。

合宿になると、2週間ほどはその講習に集中することになり、通常の生活をするのが難しくなるので、そういった条件もクリアする必要があるのです。
費用を抑えるには、まずは合宿免許を検討するといいでしょう。

自動車免許取得にかかる料金・費用とは

自動車の免許を取得する際に必要な費用の中で、最も多くの部分を占めるのが自動車学校にかかるものになります。
自動車学校によって料金は違いますが、通学の場合の相場は25万円~30万円前後になっています。
学割などを使えば、少し安く通うことも可能です。
また、合宿免許の場合は、20万円~25万円前後が相場と格安な設定になっています。
しかも、学割や早期割引、グループ割引など通学よりも割引の種類も多いのが特徴です。
ただし、シーズンオンとシーズンオフでは多少料金が変動することがあるので、よく確認する必要があります。

自動車学校の費用で注意が必要なのは、検定試験に落ちた場合です。
その場合、追加の教習を受けて、もう一度試験を受けなければなりません。
その都度、新たな費用が発生します。
1~2回は落ちる可能性があることを想定して予算を考えていくのが無難です。
自動車学校を卒業したあとは、住民票がある地域の運転免許センターで運転免許試験(学科)を受けなければなりませんが、ここでも試験手数料と免許証の交付手数料が必要となります。
試験手数料に関しては普通車の場合1,750円が必要です。
また、免許証の交付手数料は2,050円が必要です。

自動車の免許は最短どれくらいで取れるのか

自動車の免許を取得するためには、まず自動車学校を卒業し、学科の試験を受けて合格する必要があります。
最短での自動車の免許を取得は、AT車免許で15日間程度です。
自動車学校を卒業するのに最短で14日間必要であり、学科の試験に1日必要なので15日間という計算です。

しかし、通常自動車学校を卒業するまでには、2か月近くの日数が必要です。
これは指導教官の数が限られている中で、多くの教習生が平等に教習を受けることができるために、1日に受けることができる実技の時間数が制限されているためです。
では、どのような方法で最短14日間で卒業することができるのでしょうか。

これには2通りあって、一つは集中コースを選択することによって可能となります。
すべての自動車学校に集中コースが設定されているわけではありませんが、2週間程度で卒業することができるように、毎日数時間の学科と実技を受けることができるように初めからスケジュールが組まれています。
ただし、費用は割高になります。
もう一つは合宿免許と呼ばれるもので、集中コースと同様に2週間程度で卒業することができるようにスケジュールが組まれています。
しかも、費用は通学よりも安くなっています。
自宅から通うことはできませんが、安さと早さで選ぶなら合宿免許はおすすめです。